ボーイになりたい人要チェック!【向き and 不向き編】

ボーイになりたい人要チェック!【向き and 不向き編】

キャバクラのボーイに向いている人

ボーイにはどんな人が向いているのかご存知ですか?
キャバクラのボーイは適性がないと務まりませんが、もし働きたい方は、ご自身の適性をチェックしてみましょう。
特に下記で挙げる方はボーイ向きと言えます。

メンタルが強い人

ボーイに最も求められるものが、強いメンタルです。
ボーイの仕事を通じてメンタル面も鍛えられますが、元からある程度強くなければ務まりません。
先輩や上司に怒鳴られたり、キャバ嬢に見下されることも珍しくはないからです。

逆にメンタルが相応に強い方であれば、こうした場面も問題なく乗り越えられるでしょう。
何を言われても動じないタフさがあれば十分です。
ボーイの仕事は、タフな方ほど上司やキャバ嬢の信頼を勝ち取りやすいのです。
上を目指すためにも、強いメンタルは必須と言えるでしょう。

要領がいい人

ボーイに頭の良さは求められませんが、要領の良さが求められます。
つまり頭が良くても要領が悪ければ務まらず、頭の回転が早い方ほどボーイ向きなのです。
ボーイは様々な仕事をこなすため、要領の良し悪しが効率に影響します。
物事を順序立てて考えられるなら、お店では一目置かれる存在になれるでしょう。

ただし、テキパキ動けないと意味がありません。
頭で考えるのは得意でも、行動へ移せない場合はボーイ向きとは言えないでしょう。

接客が得意な人

基本的にボーイの仕事は接客業です。
営業時間中はホールスタッフとして動き回り、お客さんの案内や各種応対をこなします。
そのため、接客経験がある方や得意な方ほどボーイの適性があります。
特にキャバクラは会社役員や経営者、著名人など社会的地位のあるお客さんが来ますので、ご自身の接客スキルが高いほど重宝されます。

もちろん未経験でも問題はありませんが、飲食店などの接客経験があれば面接で有利になります。
接客が好き・得意という方は、一度ボーイの面接を受けてみてはいかがですか?

キャバクラのボーイに向いていない人

一方、キャバクラのボーイに向いていない方もいます。
上記のいずれかに当てはまれば適正ありと判断できますが、逆に下記のどれかに該当する場合、ボーイの仕事は諦めたほうが良いでしょう。

コミュニケーション能力が低い人

キャバクラは独特の人間関係・利害関係があります。
上下関係も非常に厳しいため、日々のコミュニケーションが重要な仕事です。
しかしコミュニケーション能力が低いと、仕事を続けることが難しいでしょう。
ボーイ同士はもちろん、キャバ嬢との良好な関係も築く必要があるからです。

コミュニケーション能力に乏しい方は、キャバ嬢の信頼関係が構築できない可能性があります。
その結果、嫌になって辞めることに繋がるのです。
ボーイの仕事を始めたことに後悔するでしょう。

忍耐力がない人

ボーイは立場が低く、毎日が我慢の連続です。
特に下積み時代が一つのハードルになりますが、ここを乗り越えられたらボーイ向きと言えます。

しかし、ハードルを乗り越えるには相当な忍耐力が必要です。
我慢が嫌いな方・忍耐力に自信がない方には少々厳しいでしょう。
これらに当てはまる場合は適性がありません。
ボーイは忍耐力が必須の仕事だからです。

女癖が悪い人

女癖の悪さを自覚している方は、絶対にボーイは止めておきましょう。
キャバ嬢と付き合いたい一心でボーイになる方もいますが、キャバクラには「風紀」と呼ばれる暗黙のルールがあります。

風紀はキャバ嬢とボーイの恋愛禁止ルールで、もし破った場合は厳しいペナルティが待っています。
クビになるだけならまだマシでしょう。
場合によっては何十万円と罰金を取られ、最悪暴力を振るわれる可能性もあります。
女癖が悪いと風紀を乱しかねないため、ボーイ向きとは言えません。

自分の適性を確認しましょう

皆さんはいかがでしたか?
ボーイは適性がきっぱりと分かれる仕事です。

向いている方なら楽しく仕事できますが、逆に不向きな方は苦痛を感じるでしょう。
面接を受ける前に、ご自身の適性を判断することが重要です。
上記のどれに当てはまるか、ぜひチェックしてみて下さい。