受かれば酒が飲み放題だぞ!ホスト面接マニュアル

受かれば酒が飲み放題だぞ!ホスト面接マニュアル

ホストの面接へ挑む前に

ホストは誰でもできる仕事ではありません。
適性も重要ですが、面接に受からなければ意味がないからです。
ホストの面接では容姿や適性、意気込みなど様々な面をチェックされます。
しかし、以下のポイントを押さえておけば、合格率を上げることができるでしょう。

面接時にアピールしておきたいこと【ホスト編】① とにかく金を稼ぎたいということをアピールする

ホストの仕事は稼げる仕事ですが、やる気がないと稼ぎも増えません。
そのため、お金を稼ぎたい面を重点的にアピールしておけば、採用される確率もアップさせられるのです。

面接担当者側にとっては、稼ぎたいという意欲は重要性が高めです。
稼ぎたいと考えるほどやる気があると判断してもらえるため、積極的にアピールしていくと良いでしょう。
「毎月○○円は目標にしたい」など、明確な数値をアピールするのもおすすめです。

② シフトはいつでも入れることをアピールする

ホストの仕事もシフトインできる人が優遇されます。
入店できる回数が多いほど人気を得やすく、お店の売上にも貢献してくれるからです。
もちろんプライベートとの兼ね合いも必要ですが、特別な事情が無い限りはいつでも入れることを伝えておきましょう。
たったこれだけで合格率が上がります。積極的に入れる姿勢をアピールしましょう。

【面接時のワンポイントアドバイス】受けごたえは常に丁寧な口調で!!

しかし、態度が横暴な人や常識・マナーを知らない人はホストの面接に受かりません。
丁寧なのはもちろん、一般的なマナーも求められます。

面接は、必ず丁寧な口調で受け答えするように意識しましょう。
当然ながらタメ口や粗暴な言葉は禁止です。
面接担当者の印象を悪くしてしまい、合格率を下げる要因になりかねません。

笑顔でハキハキと、明るく受け答えすることも重要です。
たとえ丁寧な口調でも、ネガティブに映る態度は避けておきましょう。